スタッフも違います /お酒を楽しみたいのなら、キャバクラにセクキャバ、昼キャバに行こう
  • キャバで飲もう

    セクキャバ程過激な店舗にはあまり興味が無い、でも楽しく飲める場所に行きたい!という人は、夜のお店の代名詞的存在であるキャバクラを利用してみましょう。非常に楽しい時間を過ごすことが出来ますよ。

    read more »

  • お昼から飲めるキャバ

    キャバクラの中にはお昼から営業している昼キャバと呼ばれる店舗が存在しています。この店舗は夜勤をしている人など、キャバクラに行きたくても行けない、という人向けの昼営業のキャバクラなのです。

    read more »

  • スタッフも違います

    昼キャバは営業時間の関係もあり、働いているキャバ嬢が専業キャバ嬢ではなく、副業としてキャバ嬢をしているような人が非常に多い、という特徴があります。なので、普段とは少々違う気持ちで楽しむことも出来るのです。

    read more »

  • チョコレートを持っている
  • 驚いている女性
  • ポッキーを食べている

スタッフも違います

ポッキーを食べている

昼から営業しているキャバクラである昼キャバですが、このような店舗は営業時間以外は全て夜のキャバクラと同じサービスを提供しているので、誰が利用してもしっかりと楽しめるようになっています。
ですが、普段は夜のキャバクラを利用している人からすると、昼キャバのキャバ嬢と話をした時に少々違和感を感じるかもしれません。
夜のキャバ嬢と比べると話し方がプロのキャバ嬢らしくない、話の内容が普段のキャバ嬢とは少し違う……その違和感の原因は、働いているキャバ嬢が「本職か副業か」ということが関係しています。

夜のキャバクラで働いているキャバ嬢というのは、生活リズムが昼夜逆転した生活を送っているので、他の仕事を行いたくても行えないという人が非常に多く、その結果キャバ嬢を専業としている人がほとんどです。
ですが、昼キャバは通常の日常生活を送りながら働くことができ、更に稼げる額も非常に大きいということもあり、大学生や専門学校生のような学生が長期休みにアルバイト感覚で働いたり、普段はOLをしているような人が土日に副業として働いている、なんていう人が非常に多くいるのです。
そのため、専業キャバ嬢と比べるとトークスキルや話の内容、話し方など、様々な点で普段とは少し違うと感じてしまうのです。

ですが、少し違った雰囲気がある、というのは決して悪いことではなく、昼キャバには昼キャバでしか出来ないような楽しみ方、話せないような話題なども多数存在しています。
なので、もし普段は普通のキャバクラを利用していて、ちょっと気分転換に昼キャバに行ってみようかな?と思った人は、昼キャバでしか楽しめないような話などを楽しんでみましょう。